旅行/おでかけ

弥彦(やひこ)神社のエネルギーも弥彦温泉もめちゃめちゃ気持ちいい

先日、新潟県の弥彦(やひこ)へ行ってきました。

「37度4分」の熱があったにもかかわらず、およそ4時間半というかぎられた滞在時間で「食事・神社をお参り・ロープウェーに乗る・露天風呂に入る」と、活発に行動しました。

わたしは弥彦がほんとうにほんとうに大好きなので、次回は時間にもっと余裕を持って行きたです。

東京駅~燕三条駅~弥彦駅

東京駅から上越新幹線に乗り、「燕三条駅」(つばめさんじょうえき)で降りました。

駅内には鳥居の模型があり、気分がアガります↑

弥彦神社参拝はすでにはじまっているのです。(?)

 

燕三条駅からJR弥彦線で弥彦駅へ向かいます。

わたしが乗った電車は途中の乗り換えなしで27分の乗車時間でした。

 

窓の外には田植えが終わったばかりの水田の風景が広がります。

 

朝の弥彦駅です。

こぢんまりとした駅で、白壁と朱色の柱のコントラストがかわいらしいです。

弥彦でのお昼ごはんは釜めし

お昼ごはんは「釜めし弥彦」というお店で食べました。

このお店には「釜めしドリア」なるものがあるので、話のタネに食べてみようと思っていたのですが、お店の方に

「今日のおすすめは大粒牡蠣の釜めしと、鯛とハマグリの釜めしです♪」

とおすすめされたので、

「じゃあ、鯛とハマグリの釜めしで・・・」

と、あっさりいいなりになりました。

鯛とハマグリの釜めし。

ほんとうはここにみそ汁がつきますが、わたしは別で鯨汁(くじらじる)を注文したので「セットのみそ汁はいりません」とおことわりしました。

釜めしのアップ。

新潟で食べるお米は、ほんと~~においしいです。

新潟で暮らしていたころはなんとも思ってませんでしたが、新潟で食べるお米のおいしさは異常ですよ・・・

そして釜めしの右側に写っている茶わん蒸しが絶品でした。

ふんわりしていて上品なお味でした。

 

こちらは新潟名物・鯨汁(くじらじる)。

鯨のあぶらには独特のクセがあります。

10年以上ぶりに鯨汁を食べましたが、一口食べて

「あーあーあー、そーだったそーだった、これが鯨のあぶら・・・」

と、思い出しました。

 

そして、お店の方に

「メニューには載っていませんが、今朝、佐渡(さど)沖でとれた甘えびとイカのお刺身を500円(税抜き)でご提供しています♪」

とおすすめされた甘えびとイカのお刺身です。

甘えびもイカも、コクのある甘さでおいしかったです。

佐渡沖でとれる魚介類にハズレはありません。(わたし調べ)

弥彦神社のエネルギーはほんとうに気持ちいい

出された料理をすべて残さずぜんぶ平らげて、パンパンになったおなかを抱えながら弥彦神社へ向かいます。

弥彦神社の敷地内に満ちているエネルギーはほんとうに清涼で気持ちよくて、わたしは大好きです。

 

拝殿。

拝殿の奥に本殿があります。

御祭神は天香山命(あめのかごやまのみこと)です。

弥彦ロープウェイ

ちょっとした山道散策も楽しめる

神社でお参りを済ませたら、ロープウェイで弥彦山を登ります。

拝殿の左側に、ロープウェイ乗り場へ続く道「万葉の道」があります。

「万葉の道」を10~15分くらい歩くと、ロープウェイ乗り場に到着です。(拝殿脇~ロープウェイ乗り場間の無料のシャトルバスもあります)

ロープウェイに乗る

ロープウェイの外観です。

ロープウェイには「海彦(うみひこ)」と「山彦(やまひこ)」の二基がいます。

ロープウェイの内側。

上りのお客はわたし一人でした。

通常の運賃は大人一人1,500円(往復)でした。

 

乗車時間およそ5分で山頂広場に到着です。

弥彦山の標高は634メートルで、スカイツリーと同じ高さです。

弥彦山山頂からの眺め

山頂広場から日本海を眺めます。

コンディションが良ければ、海の向こうに佐渡島(さどがしま)が見えるのですが、この日はもやがかかったみたいになっていて、視界がぼんやりしていました。

山頂広場から越後平野を見ても、やっぱりぼんやりしていました。

 

山頂のロープウェイ乗り場から、まっすぐ下を見降ろしてみました。

高いところが大好きなわたしでも、ちょっぴりクラッと来る怖さでした。

弥彦温泉、さいこうすぎる

露天風呂、さいこうすぎる

山を下りたら、まっすぐに温泉を目指しました。

弥彦神社周辺には立ち寄りOKの温泉が何軒かありますが、今回は「みのや」さんへ行きました。

なぜなら露天風呂に入れるから!!!

わたしが行ったのは平日(金曜日)の14時頃でしたが、他に人がいなかったので、露天風呂貸し切り状態でした。

弥彦山を眺めながら、ひとりで露天風呂につかってました・・・しあわせでした・・・ずーっと入っていたかった・・・

入浴料は500円で、プラス100円で小さいタオルを借りました。

足湯も楽しめる

弥彦駅のすぐ前には無料の足湯があり、電車の時間のぎりぎりまで足湯を楽しめます!

弥彦神社と弥彦温泉の旅の総評

およそ4時間半というかぎられた滞在時間でしたが、弥彦でやりたかったことはぜんぶやりました。

思い残すことは何もありませんが、滞在時間が短かったのが悔やまれます・・・

次回は、もっと時間に余裕を持って来たいです。

 

夕方の弥彦駅。

新潟に暮らしているときは、弥彦のすばらしさも「新潟のお米」のすばらしさも、何とも思っていませんでした。

新潟を出てはじめて

「弥彦神社のエネルギーはめちゃめちゃ気持ちいいし、温泉もめちゃめちゃ気持ちいいし、ごはんもおいしいし、弥彦さいこーじゃん!」

と、気づきました。

平日は人があまりいないので、とくにおすすめです。