エネルギー

「文字にする」ことには、現実を大きく動かしていく、すさまじいパワーがある

「参加型」の無料メルマガコミュニティを開始しておよそ半月。

 

「直感/直観に磨きをかけるお題をメールで送り、それに回答していただく」

という形をとっていますが、ありがたいことに毎回、回答をいただけています。

 

そして

「すこし前のわたしがこういうメルマガに登録してたら、回答はしないで、読む専門だったろうなー」

と、しみじみ思います。

 

いまはちがいますよ。

「自分のあたまのなかを文字にする」ことの威力を「身をもって」理解したので、いまなら回答しますし、現在登録しているメルマガで紹介されたワークなどは積極的にやるようにしています。

 

「あたまのなかで、ただ、ぼんやり思っている」ことと

「あたまのなかでぼんやり思っていることを、文字で明確にあらわす」ことは、次元がちがいます。

 

「文字にする」ことには、現実を大きく動かしていく、すさまじいパワーがあります。

 

ただ、以前のわたしはこのことがわかっていませんでした。

以前購読していたメルマガで「じっさいに問いに答えて、返信してください」みたいなものがいくつかありましたが、どれも「読むだけ」にとどめていました。

 

「読むだけでもいろいろ気づきがあるから、それでじゅうぶん」

などと思っていました。

 

ちがうちがうちがうーーー

 

「読むだけ」と、「文字にする」は、ぜんぜんちがうんだよー

「文字にする」のにはとてつもない威力があるんだよーーー

 

あとは「自分の考えを人に知られるのが恥ずかしい」みたいにも思ってました。

自分なんてぜんぜん大したこと考えてないから、こんなの、わざわざ人に言うまでもないわ・・・とか。

 

ちーがーうー

 

自分の考えをじゃんじゃんオープンにするほうが、現実は動くんだよーーー

自分の考えをじゃんじゃんオープンにするのは、とてつもなく自分のためになるなんだよーーー

「恥ずかしい」とか言ってんのは、そんなのただの自意識過剰で、だれも気にしてないんだよーーー

 

そういえば「ペンは剣よりも強し」なんて言葉もありましたね。

文字最強。