旅行/おでかけ

長野旅行記・2日目「戸隠神社」(とがくしじんじゃ)

長野旅行記2日目です。

1日目はこちらです。

長野旅行記・1日目「善光寺」(ぜんこうじ)1泊2日で長野市へ行ってきました。 「長野には戸隠神社(とがくしじんじゃ)がある」と聞いて、興味を持ったからです。 1日目は...

戸隠神社(とがくしじんじゃ)5社を徒歩で回る

2日目は、今回の旅のメイン「戸隠神社」(とがくしじんじゃ)へ向かいます。

戸隠神社には、社(やしろ)が5つあります。

・宝光社(ほうこうしゃ)

・火之御子社(ひのみこしゃ)

・中社(ちゅうしゃ)

・九頭龍社(くずりゅうしゃ)

・奥社(おくしゃ)

この五社はそれぞれ離れた場所に位置してますが、徒歩で回ることができます。

事前にネットで調べた情報では、五社すべてを徒歩で回ると約4時間かかるとのことでした。

せっかく行くんだから戸隠神社を堪能したい、4時間歩いちゃる! と思って、徒歩で回ることにしました。

 

バスも走ってますが1時間に1本くらいなので、バスで回るのはあまり現実的ではないです。

宝光社(ほうこうしゃ)

8:30長野駅発のバスに乗り、戸隠神社をめざします。

バスはどんどん山の中に入っていき、宝光社についたのが9:27です。

 

宝光社に着くと、およそ270段の階段が迎えてくれますが、ぜったいのぼりたくありません。

 

階段の左に「女坂」があり、この坂道を進めば270段の階段をのぼらずに社殿へ行けます。

わたしはもちろん「女坂」派です。

 

宝光社のご祭神は「天表春命(あめのうわはるのみこと)」。

開拓・学問技芸・裁縫の神、安産の神、女性や子供の守り神、だそうです。

火之御子社(ひのみこしゃ)

宝光社から火之御子社へは「神道(かんみち)」を歩いていきます。

「神道」を歩くのは、めちゃめちゃ気持ちよかったです!!!

宝光社から火之御子社まではおよそ0,7キロメートル、気持ちよく歩きました。

 

火之御子社の主祭神は「天鈿女命(あめのうずめのみこと)」。

ほかに三神がまつられています。

中社(ちゅうしゃ)

火之御子社から中社までもおよそ0,7キロメートル歩きます。

 

中社にも社殿へ続く急な階段がありますが、わたしはもちろん階段をのぼりません。

左手にあるゆるやかな坂道をのぼります。

 

中社のご祭神は「天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)」

学業成就・商売繁盛・開運・厄除・家内安全に御神徳があります。

 

社殿のとなりには「さざれ滝」という清涼な滝があります。

 

このあと、中社から奥社入口まで、およそ2キロメートルの道のりを歩きます。

奥社(おくしゃ)と九頭龍社(くずりゅうしゃ)

奥社入口からが、まだ長い

この奥社入口から奥社と九頭龍社まで、さらに2キロメートル歩きます!

帰りも2キロメートル歩いて、この奥社入口へ戻ってこないといけません。

ところで、奥社と九頭龍社はとなりどうしに建っています。

 

まっすぐで平たんな道を気持ちよ~く歩いていたら、反対方向から歩いてくる人たちに「おはようございます」を言われまくりました。

みんな良い方ばかりです。

 

随神門(ずいじんもん)があらわれます。

 

この門を越えると、樹齢400年のクマスギの並木が約500メートルつづきます。

 

クマスギの並木の先には、険しいりっぱな山道が待っていました。

すでに長距離を歩いてきたカラダにとって、とてもハードで容赦ない山道で、かなりこたえました。

道が狭いし、人通りも途切れないので、山道の写真を撮る余裕はなかったです。

九頭龍社

やっとの思いで九頭龍社に到着です。

ご祭神は「九頭龍大神(くずりゅうのおおかみ)」。

水の神、雨乞いの神、虫歯の神、縁結びの神として尊信されています。

奥社

奥社は九頭龍社のおとなりにあります。

ご祭神は「天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)」。

開運、心願成就、五穀豊熟、スポーツ必勝などの御神徳があるそうです。

キュートなカワウソちゃん

九頭龍社と奥社にぶじにお参りをすませたら、また2キロメートル歩いて奥社入口へ戻ります。

奥社入口へつづく道端に小さな川が流れているのですが、そこでちっちゃいキュートなカワウソちゃんを見かけました。

※この写真はフリー素材です

カワウソちゃんは川を泳いだり、道をコソコソ歩いてくれたりして、ほんとにかわいくて、だっこしたい愛くるしさでした。

奥社入口で昼食

奥社入口に戻ってきたのは12時ころです。

事前のネット情報では「五社すべて回るのに約4時間かかる」とのことでしたが、じっさいにかかった時間は約2時間半でした。

ネット情報がテキトウなのか、わたしが健脚なのか・・・

 

奥社入口にあるお店で昼食にします。

もちろん戸隠そばを食べます!

かも南蛮にしました。

そば、おいしかったです。

長野駅で2時間半の待ち時間

13:23に奥社入口を出発するバスに乗って、長野駅についたのが14:38。

東京行きのバスの出発時刻が17:10なので、長野駅でおよそ2時間半の待ち時間が発生しました。

 

長野駅発のバス時間を、事前のネット情報「五社すべて回るのに約4時間かかる」に合わせたのですが、もっと早いバスでもよかったです。

長距離を歩いたためさすがにつかれたし、腰がガタガタにこわれたので、早く帰りたいところではありました。

 

ところで、新幹線開通にともない、長野駅構内の駅ビルはとてもきれいでした。

きれいな駅ビルをあてもなくぷらぷらしたり、「小川の庄 おやき村」でおいしいおやきを買って食べたりしながら、バスの発車時刻を待ちました。

旅のまとめ

善光寺のお戒壇巡りの濃厚な暗闇が、非日常的で楽しかったです。

 

戸隠神社も、自然の中をたっぷり歩けて気持ちよかったです。

「こんなに気持ちいいなら、わたし、自然の中をもっともっと歩こう!」と思いました。

 

でももしまた戸隠神社に来ることがあれば、もう五社を歩いて回らなくてもいいかな・・・さすがにハードでした。

九頭龍社と奥社の往復4キロメートルでじゅうぶんかな。

 

でも、宝光社~火之御子社の神道はとっても気持ちよかったので、ここはまた歩きたいです。