旅行/おでかけ

八景島シーパラダイスで思ったこと「大きな海を好きなように泳いでいたい」

かねてより、いちど行ってみたかった八景島シーパラダイスへ行ってきました。

 

八景島駅の壁画はカラフルでとってもかわいいです。

 

この橋をわたって、八景島に上陸します。

わたしが行った日は平日でしたが、休日はきっとものすごい人でにぎわうんだろうなー・・・

おそろしや。

 

駅からメインの水族館「アクアミュージアム」までおよそ1キロ歩きました。

 

水族館ではいろんな生き物を見ることができてとても興味深いです。

でも、もとの環境から拉致されてせまい空間に閉じこめられている彼らの姿を見ていたら、びみょーな気分になってしまいました。

 

制限のなかに入れられて「ここから出ちゃダメ」ってやられたら、わたしだったら確実に病みますもの。

 

いわし(たぶん)の大群。

 

いちばん好きなのは、シロワニでした。

ゆうぜんと泳ぐさまがすてき。

 

でもほんとは大きな海を好きなように泳いでいてほしい。

 

・・・という話を、まえに勤めていた会社の元同僚の男性(幹部社員)にしたら

「囲いに入っていれば、ほかの魚に食べられないで済むし、天変地異も避けられるでしょ。

ごはんもあるし」

と、あたりまえのように言われました。

 

「会社を飛びだしたわたし」と「会社を飛びだすなんて思いもよらない元同僚」の見解のちがいをよくあらわしているなー、としみじみしました。

 

たとえ捕食者に食べられるとしても、天変地異に巻き込まれるとしても、ごはんが食べられなくて餓死するとしても、わたしは「大きな海を好きなように泳いでいたい」派です。