今世の体験記

『リバーシング(再生・誕生)の旅』体験談

こんにちは

『誘導瞑想クラブ』のゆきちゃんです。

 

わたしは誘導瞑想やアファメーションの動画を作って

YouTubeチャンネル『誘導瞑想クラブ』で公開しています。

 

先日

サイキックセラピスト・志麻絹依(しま きぬえ)さんの

オンラインワークショップ

『リバーシング(再生・誕生)の旅』

に参加しました。

 

「スピリチュアル・霊的なレベルでの

再生・誕生を体験する」

という内容です。

 

今回はこのワークショップの

体験談をおはなしします。

 

(志麻さんは、わたしが通った

『サイキック講座』の先生です)

 

ワークショップに参加した理由

ワークショップの説明文に

「(リバーシング:再生・誕生の)旅から戻っても

同じ体を持った人生ですが

あなたの人生に対する感じ方、見え方が

再生しています」

という一文がありました。

 

この一文にひかれて

申し込みました。

 

ワークショップ日時

2021年5月5日(水)16:00-17:30

 

参加費

11.000円

 

ワークショップ内容

1,今世回帰の旅

2,リバーシング(生まれ直し)の旅

 

1,今世回帰の旅

「今世回帰の旅」は

「小舟に乗って

川を進んでいく」

という体験でした。

 

川のまわりに

つぎつぎと現れる

「今の人生を象徴する風景」

を見ながら

川を進んでいきました。

 

わたしの場合

「満開の桜」と「光」が

とてつもなく美しかったです。

 

川をどこまで進んでいっても

とてつもなく美しい風景が

ひたすら続いていました。

 

この圧倒的に美しい風景を眺めながら

「わたしは今世

美しいものをたくさん見て

美しいことをたくさん体験してきたのだなあ」

と実感しました。

 

「いびつ」なのは人生ではなく、わたしのものの見方

わたしは今世の自分の人生は

とても「いびつ」

だと思ってました。

 

でも

今世の人生が「いびつ」なのではなく

わたしのものの見方が「いびつ」なのだと

思いました。

 

今世の人生を

「いびつ」な人生と決めつけるのは

とても視野が狭いと思いました。

 

「人生を肯定する」とは

「人生を肯定する」というのは

アタマで考えるものではない

とあらためて感じました。

 

「人生を肯定する」というのは

わたしはずっとすばらしい人生を送ってきていた

ということに「思い当たる」こと

だと思いました。

 

それにしても

川を進んでいく体験は

ほんとうに幸せな体験でした。

 

いつまでもいつまでも

体験していたかったです。

 

2,リバーシング(生まれ直し)の旅

わたしは、大自然の中に

生まれ直しました。

 

そして大自然の中の

一軒家(ログハウスのような)で

暮らしていました。

 

大自然の中で

精霊の声を聞きながら

生きていきたいなー

と思いました。

 

「リバーシングの旅」を体験中に

数年前に読んだ

『アナスタシア』という本を

思いだしました。

 

『アナスタシア』が

気になってしょうがないので

体験後に、アマゾンで注文しました。

 

リバーシングの旅を終えた後は

しばらくぼーっとしてました。

 

ワークショップ直後に、よりによって

このワークショップのすぐ後に

よりによって

実家の母に電話をしてしまいました。

 

(以前から、ゴールデンウィーク中に

いちど母に電話しようと思っていました。

 

そのタイミングが

ワークショップ後になってしまったのです)

 

母と話した結果

わたしは気分を非常に害しました。

 

ワークショップ体験後の

なんともふしぎな気分が

母との電話によって

すっかり台無しになりました。

 

が、母との電話もふくめて

とても印象深い体験となりました。

『誘導瞑想クラブ』のおすすめ動画

おすすめ誘導瞑想

前世を体験する誘導瞑想

 

おすすめアファメーション

自分を許す・自分と仲直りする・自分をあたたかく受け容れる