透視リーディング

何をしていても、何をしていなくても「その【瞬間】に集中している」のがだいじ

わたしはYouTubeが大好きで、何時間でも見続けることができます。

でも、わたしは「YouTubeばかり見ている自分」に、うしろめたさを感じていたようです。

 

お風呂でリーディングをしていたら、

「たとえYouTubeを見ることで一日が終わったとしても、そんな自分にうしろめたさを感じない!」

と、ハイヤーセルフにきっぱりと言われました。

 

「YouTubeをだらだら見続けることで一日を棒に振った自分」を受け容れるのが肝要だそうです。

 

「誇らしい成果を出した自分」を受け容れるのは、わりとかんたんです。

 

また、「大きな失敗をした自分」「深く傷ついた自分」を、「こんな日もあるよ、今日はおいしいもの食べて、ゆっくり休もう」などど、なぐさめつつ受け容れるのも、わりとやりやすいです。

 

でも「だらだらとYouTubeを見て一日を終えた、ぬるい自分」を「今日もいい一日を過ごしたね、よかったね」と、皮肉でなく、すなおな気持ちで受け容れるのは、小者にはできませんね。

 

大きな成果を出そうが、手痛い失敗をしようが、だらだらYouTubeを見ようが、「何をしているか」は、ほんとうはどうでもいいのかもしれないです。

 

何をしていても、何をしていなくても

「その【瞬間】に集中している」

「一瞬、一瞬を味わいつくす」

のがだいじです。

 

自分がしていることについてつべこべいいわけせず、

「これでよし。

これがわたし」

と、すなおに言い切ることができれば、それでいいようです。