意識

あなたは「ネガティブな人間」なのではなく「自分のネガティブさにスポットライトを当てている」人間

先日セッションに来てくださった方に

「わたし、ネガティブなんです・・・」

と言われました。

 

わたしは「ネガティブな人」はいないと思っています。

「ネガティブキャラをやっている」人なら、たくさん見かけます。

 

人のなかには無数の要素があります。

ネガティブな面はもちろん、ポジティブ、だらしない、お気楽、神経質、おおらか、積極的、消極的・・・

 

どの要素に集中してスポットライトを当てるかは、人それぞれです。

 

「わたしはネガティブ」

と、おっしゃる方は、自分のネガティブさに集中してスポットライトを当てて、そこばかり見ている、そこだけしか見ていない、状態といえます。

 

ネガティブさをなくすのは、残念ながら無理なお話です。

あなたのなかのネガティブさは、一生あなたのなかに存在しつづけます。

 

その代わり、ネガティブさにスポットライトを当てるのをやめることはできます。

 

そして、ご自分の「かわいらしさ」にスポットライトを当てて、そこに集中してそこばかり見ていれば、今日からあなたはりっぱな「かわいらしい人」です。

 

こういうことを言うと

「わたし、ぜんぜんかわいくありません・・・」

と言われるものですが、あなたのなかにも「かわいらしい」一面はあります。

 

というか、老若男女とわず、だれのなかにももれなく「かわいらしい」一面はあります。

 

自分のなかのどこにスポットライトを当てるのか?

自分のなかのどこにスポットライトを当てたいのか?

です。

 

自分でその気になれば、ご自身のキャラ変はいつでもできます。

 

「今日はネガティブキャラ、明日はポジティブキャラ、あさってはお気楽キャラ」

・・・と、日替わりでキャラを変えてみるのもおもしろいかもです?

てかこれ、ただの情緒不安定・・・