潜在意識

潜在意識となかよくすることで人生を大きく好転させる

わたしは潜在意識大好きな「潜在意識マニア」です。

ことにさいきんは、YouTubeで誘導瞑想の音声を公開したり、志麻絹依さんのオンラインセミナー「パラダイムシフト」を受講したりして、マニアっぷりに拍車がかかっています。

 

潜在意識を説明するうえで、よく引き合いに出されるのが氷山のイラストですね。

人間の意識の大半を占めているのが潜在意識であり、わたしたちがふだん使っている顕在意識なんて微々たるものにすぎない、という図です。

とはいえ、数年前までのわたしは

「潜在意識? なにそれ? わけわかんない、怪しい」

と思って、潜在意識を避けていました。

 

それがなんでマニアに豹変したのかといえば、

「潜在意識にアクセスすることで、人生がどんどんおもしろい方向へころがりだした」

からです。

 

わたしは何十年も、自分の肉眼を通じて得た情報をもとに生きていましたが、この間、わたしの「現実」はずーっと、がちがちに膠着していました。

自分の人生の本質的な意味での変わらなさに、絶望していました。

 

それが、ヒプノセラピーで潜在意識にアクセスしはじめたら、ぜったいどうにもならないと思っていた、がちがちに固かったはずの「現実」が、あれよあれよという間にダイナミックに動き出したのです。

 

さらに「透視リーディング」という「潜在意識との対話方法」を手に入れたら、自分の人生がさらにわけわかんない、でもとってもおもしろい方向に進むようになったのです。

 

これはもう、潜在意識大好きになるしかないでしょう・・・

 

志麻さんいわく、「健やかな潜在意識は運気を高め、人生を拓く」そうなので、これからますます潜在意識となかよくしましょう♪ と思っている所存です。

 

潜在意識は訓練すれば、いくらでもきたえられるそうです。

潜在意識がきたえられると、起きているときでも話しかけてきてくれるんですってー

 

これはつまり、いちいち瞑想状態に入ったりしなくても、日中にふつうに活動している状態で、気づきやひらめきがばんばん降りてくるということです。

すてきですね。

 

ところで、いわずもがなではありますが、自分の人生や現実を好転させたければ「生身の肉体でちゃんと行動する」のは必須です。

「潜在意識」と「肉体をともなう現実」の、両面からアプローチするのが肝要ですね。