透視リーディング

「第4回 仙台ヒーリングマーケット」に出展しました

26日(日)は「第4回 仙台ヒーリングマーケット」でした。

セッションに来てくださった方、ほんとうにほんとうにありがとうございました!

 

お会いできなかった方、タイミングがあわなかった方は、またの機会にお会いできるのを楽しみにしています。

ひきつづきよろしくお願いいたします。

 

現状に行き詰まりやマンネリを感じていて、打破したい方は、「行動」するといいですよ。

目についたことや気になったことを、なんでも手当たり次第。

 

たとえば美術展のポスターが「目についた」なら、そこへ実際に行く。

デパ地下で、おそうざいが「目に飛び込んできた」なら、それを買う。

ふだん降りない駅だけど「なんとなく降りたくなった」なら、降りてみる。

 

「行動」するのは、停滞しているエネルギーを活性化させるのが目的です。

なので「行動の内容」や「結果」は二の次です。

 

「こんなことして何になるんだ」とか「これをやったところで、どーせ結果はわかってる」みたいに、理屈で先読みしすぎて、結果、なにも動かない・・・というのは、ナシでお願いします。

 

「行き詰まり」「マンネリ」におちいるのは、「いままでと同じこと」しかやってないからです。

「行き詰まり」「マンネリ」を抜け出したければ、「いままでとはちがうこと」をやるしかありません。

 

「マンネリでたいくつだから、なにかすてきなことが起こってほしい、でも自分から動いて損するのはイヤ、絶対にうまくいくってわかっていることだけやりたい」

↑ こういうのは「虫がよすぎる」といいます。

 

自分のエネルギーがクリアに循環していれば、ものごとはおのずとうまくいくものです。

自分のエネルギーをクリアに循環させるには、「損・得」「成功・失敗」にとらわれず、結果を先読みせずに、「ただ行動する」のがおすすめです。