エネルギー

だらだらネットサーフィンの弊害「自分のエネルギーが漏れる/濁っていく、目的意識が失われる」

わたしはインターネットが大好きです。

 

はじめて自分のパソコンを手に入れた2005年秋に、ネットにいちころで夢中になり

「わたしはネットと結婚した」
「ネットがあればわたしは生きていける」

というポリシーで、今日までネット漬け、ネット依存の日々を送ってきました。

 

わたしはテレビを持っていないため、ネットに一途でした。

 

ですが本日、「だらだらネットサーフィン禁止令」がくだされました・・・

 

ひさしぶりに志麻絹依さんのリーディングを受けたところ、「だらだらネットサーフィン大禁止」のお言葉をいただいたのです。

だらだらとネットサーフィンをすることの弊害↓

・自分のエネルギーが漏れる

・自分のエネルギーが濁っていく

・目的意識が失われる

 

たとえばYahooトップの画面を開いたら、見る必要のない広告がたくさん目に飛び込んできますよね。

「目に飛び込んでくる、見る必要のない広告」といった雑多な情報は、すべて、見る人のエネルギーを濁らせるのだそうです。

 

また、自分の意識が常時ネットにつながっている状態というのは、ネットに自分のエネルギーを取られている状態だそうです。

 

「エネルギーが漏れると、お金も入ってきませんよ」
「エネルギーが濁ったら、凡庸になりますよ」

とも言われました。

 

お金、入ってこないの、やだ・・・

凡庸になるのもやだ・・・

だって、凡庸な人間にリーディングしてほしくないですよね。

わたしは、「クリアで冴えた意識の持ち主」にリーディングしてほしいです。

 

どうしてもネットサーフィンしたいなら、たとえば「15分だけ」と、時間を決めて、やる。

そしてネットサーフィン後は、自分のエネルギーを浄化すること、と言われてしまいました。

 

だらだらネットサーフィンするのをやめると、かえって、自分に有益な情報だけがピンポイントで入ってくるようになるそうです。

 

というわけで、わたしは、およそ14年間のネット依存生活から、足を洗うことにしました。

これからはネットとは、いちいち意識的に付き合おうと思います。