誘導瞑想についての質問

誘導瞑想でイメージをうまく見ることができない

こんにちは

『誘導瞑想クラブ』のゆきちゃんです。

 

わたしは誘導瞑想やアファメーションの動画を作って

YouTubeチャンネル『誘導瞑想クラブ』で公開しています。

 

誘導瞑想についてよくいただくご相談のひとつ

「イメージをうまく見ることができない」

があります。

 

今回は

「誘導瞑想でイメージが見えなくても

べつにいい」理由

 

「それでもイメージを見たい」あなたのために

イメージを見るヒントを5つ

おつたえします。

 

本質は「潜在意識とのコミュニケーション」

「イメージを見ること」が誘導瞑想の本質ではない

誘導瞑想をやりたいけど

「イメージをうまく見ることができない」

というご質問は

とてもよくいただきます。

 

まずはじめにおつたえしたいのが

「イメージを見ることが

誘導瞑想の本質ではない」

ということです。

 

誘導瞑想の本質

いちばん大事なことは

「潜在意識とのコミュニケーション」

です。

 

潜在意識とのコミュニケーションが

深まれば深まるほど

あなたの人生が

より生きやすいもの

より望ましいものへと

変容していきます。

 

潜在意識は

あなたの人生を

より望ましいものとするための

カギを握っているのです。

 

潜在意識に、意識を向ける

潜在意識には

「あなたが意識を向ければ向けるほど

ますます活性化する」

という特性があります。

 

誘導瞑想は

「潜在意識に、意識を向ける」

手段のひとつです。

 

だから、あなたが

誘導瞑想にとりくんだ時点で

「潜在意識に、意識を向ける」

ことができています。

 

イメージを見ることが

べつにできなくてもよいのです。

 

「イメージが見えるからいい」

「見えないからダメ」

というものではありません。

 

イメージを見ることが不得手なら

「イメージを見ない誘導瞑想」

に、とりくんでいただければ

よいと思います。

 

イメージを見なくても

深くリラックスして

呼吸を整えるだけでも

潜在意識を活性化させることは

できます。

 

1、いっしょうけんめいがんばらない

とはいえ、誘導瞑想で

イメージを見るのは

とても楽しいことではあります。

 

以下

「イメージを見る」

ことのヒントを

5つおつたえしていきますね。

 

いっしょうけんめいがんばらない

まず一つ目のヒントとして

「イメージを見よう、見なくちゃ」

と、いっしょうけんめい

がんばらないこと、です。

 

とにかく

ゆる~っとリラックスすることです。

 

そして、リラックスしている状態で

あなたの中にふわ~っとぼや~っと浮かんでくる

感覚やイメージをあるがまま

そのまま受けいれるのです。

 

「え、これがそうなの?

ほんとにこれで合ってる?

これが正しいの?

これでいいの?」

みたいな思考もいりません。

 

ぼんやり浮かんできたものを

とにかくそのまま何も考えずに

ただ、受け容れていくのです。

 

「軽いノリ」でいい

たとえば

「目を閉じて

うめぼしをイメージしてください」

と言われたら、なんとな~く

浮かんでくるもの(感覚)がありますよね?

 

そして

「自分がイメージしているこれが

ほんとうに正しいうめぼしだろうか」

などと考えませんよね。

 

これくらいの軽いノリで

イメージして

受け容れていけばよいのです。

 

いったん受け容れれば

さいしょはぼやっとしていたイメージも

じょじょに明確に見えてくるものです。

 

2、自分で自分に許可を出す

たとえば前世を体験する誘導瞑想で

うまくイメージできない場合

 

あなたはアタマでは

「前世を体験したいしたい」

と思っていても

 

あなたの深いところ、本心では

「前世を体験するのは

ほんとはこわい・・・」

と思っているのかもしれません。

 

すると

「うまくイメージが見えない」

というカタチで抵抗する

ことがあります。

 

イメージがうまく見えなければ

前世を体験しないで

すみますからね。

 

こういう場合の対処法は

「自分で自分に許可を出す」

です。

 

たとえば

 

「わたしは前世を体験してもいい」

「わたしは自由にイメージを見てもいい」

 

と、自分で自分に

許可を出してあげるのです。

 

あなたが受け容れる準備のできているものだけ

あなたが体験する前世は

「いまのあなたが

受け容れる準備のできているもの」

だけです。

 

だからあなたは安心して

前世を体験してもいい

イメージを見てもいいのです。

 

安全に

前世を体験できるのです。

 

前世以外の誘導瞑想も同様です。

 

あなたが誘導瞑想で体験する内容は

いまのあなたが

受け容れる準備のできているもの

だけです。

 

潜在意識は

いつでもあなたの味方です。

 

だから

「わたしは安心して●●を体験してもいい」

「わたしは自由にイメージを見てもいい」

 

と、自分で自分にやさしく

許可を出してあげてくださいね。

 

3、「タイミングではない」のかも

たとえば前世を体験する誘導瞑想で

イメージをうまく見ることができない場合

 

「あなたが前世を体験するタイミングは

『今』ではない

 

のかもしれません。

 

あなたは、アタマでは

「前世を体験したいしたい」

と思っていても

 

あなたの潜在意識のほうが

「前世を体験するタイミングは

『今』じゃないよ~」

と思っているのかもしれません。

 

この場合は

「あなたにとって

ベストなタイミングが来たら

そのときに体験できますよ」

ということになります。

 

4、ほかの方の誘導瞑想をためす

わたしが作った誘導瞑想では

うまくイメージできなくても

ほかの方が作った誘導瞑想なら

イメージできる・・・

ということもあるかもしれません。

 

YouTubeには、いろんな方が

誘導瞑想の動画を

公開されています。

 

また、YouTube以外でも

誘導瞑想の音声が

いろいろ販売されています。

 

誘導瞑想の

ワークショップも

開催されています。

 

いろいろ試してみて

ご自分にしっくりくる方を

見つけられてください。

 

5、ヒプノセラピーの個人セッションを体験する


あなたにヒプノセラピーや

エネルギーワークの体験があまりない場合

イメージをばんばん見ていく誘導瞑想を

いきなり一人でやるのは

ちょっとハードルが高いかもしれません。

 

なので

信頼できるヒプノセラピストさんに

マンツーマンで直接、誘導してもらい

「催眠状態」でイメージを見ること

体感をつかむ

ことをおすすめします。

 

体感がつかめれば

自分ひとりでも誘導瞑想が

できるようになるかも

しれません。

 

「自転車に乗れるようになる」ようなもの

イメージを見る感覚をつかむのは

自転車に乗る練習に

近いものがあります。

 

自転車に乗れるようになるまでは

自転車に乗る、という感覚が

なかなかつかめません。

 

でも

ひとたび乗れるようになったら

「あ、こういう感覚か!」

と、全身でわかりますよね。

 

誘導瞑想でイメージを見るのも

「体感をつかむ」

「体感でわかる」

ものなのです。

 

理屈だけで

どうこうできるものでも

ないんですよね。

 

誘導瞑想についてよくいただくご質問

誘導瞑想についてよくいただくご質問について

ほかにもブログでおはなししているので

ぜひお読みください。

 

誘導瞑想の途中で寝ちゃう

誘導瞑想の途中で寝てしまう誘導瞑想についてダントツでいちばん多いご質問が「誘導瞑想の途中で寝てしまう。どうしたらいい?」というものです。 今回は「誘導瞑想の途中で寝ちゃう」について、8つの対策をおつたえします!...

 

誘導瞑想で主観できず(一体化できず)第三者視点になってしまう

誘導瞑想で主観できず(一体化できず)第三者視点になってしまう『前世を体験する誘導瞑想』にコメントをいただきました。 前世の人物を体験しようとしても「その人物と一体化できない」「一体化できず、その人物を外側から眺めるにとどまる」。 今回は「一体化」についてお話しします。...

 

誘導瞑想は1日に何個やってもいい?

誘導瞑想は1日に何個やってもいい?「誘導瞑想は1日に何個やっても大丈夫?」とのご質問をいただいたのでおこたえします! 「集中力がつづくのであれば」1日に何個やっても、いちどに何個やってもだいじょうぶですよ。...
『誘導瞑想クラブ』のおすすめ動画

おすすめ誘導瞑想

前世を体験する誘導瞑想

 

おすすめアファメーション

自分を許す・自分と仲直りする・自分をあたたかく受け容れる/自己肯定感を高める究極アファメーション

 

おすすめタロット・オラクルカードリーディング

2021年あなたに訪れる最高の奇跡