誘導瞑想とハイヤーセルフ

誘導瞑想とハイヤーセルフ

こんにちは、『誘導瞑想クラブ』のゆきちゃんです。

 

わたしは誘導瞑想やアファメーションをYouTubeチャンネル『誘導瞑想クラブ』で公開しています。

 

今回は、みんな大好き(?)ハイヤーセルフのお話です!

 

そもそも、ハイヤーセルフってどういう存在?

「より高次の自己」

ハイヤーセルフを英語で表記すると「higher self」となり、日本語の直訳では「より高次の自己」(=「より波動の高い自分」)となります。

 

意味するところは

「なんの制限・制約も受けていない、あなたのピュアな本質」

です。

 

では、もうすこし具体的にみていきましょう。

 

あなたの本質はエネルギー

ここで、ハイヤーセルフを語るうえで欠かせない前提をおつたえします。

 

その前提とは、

「あなたの本質はエネルギーである」

ということです。

 

とはいえ、いきなりこう言われても

「本質がエネルギーって、どういうこと?」

と、とまどわれるかもしれませんね。

 

ふだんわたしたちは、肉眼で見ることのできる肉体がメインの自分だと思いがちです。

 

でもじつは肉体って、自分の「ほんの一部」であって、「すべて」ではないんですよね。

 

あなたの本質であるエネルギーを肉眼で見ることはできませんが、今回はこのようにイメージしてみましょう。

 

この、あなたのエネルギー全体のうち、どれくらいの量が肉体の中におさまっているかをあらわしているのがこの図です。

 

じつは、「あなた」という存在の大半が、肉体からはみ出ているのです。

 

でも「肉体からはみ出ている部分」は肉眼では見えないから、自分のことを「肉体」だけだと思いがちなんですよね・・・

 

この、あなた全体の「上のほうの領域」が「ハイヤーセルフ」となります。

 

あなたはいつもハイヤーセルフとつながっている

 

さて、あらためて下の図を見てください。

 

あなたはいつもハイヤーセルフにつながっているんですよー

 

いま、この瞬間も、ハイヤーセルフにばっちりつながってます。

 

たとえあなたが気づいていなかったとしても、いままでだって、ずっとつながってたんですよ。

 

ハイヤーセルフはいつだって、あなたが話しかけてきてくれるのを待っています♪

 

ハイヤーセルフとなかよくなればなるほど、より「真の自分自身」として生きやすくなっていくものです。

 

ハイヤーセルフと対話するということ

「エネルギーの自分」と「肉体の自分」

ふだんわたしたちは「肉体の自分」が「自分自身」だとあたりまえに認識しています。

 

だから、「肉体の自分」の望みをかなえさせすれば幸せでいられると、ごく自然に思っています。

 

でも「エネルギーの自分」「ハイヤーセルフ」は、「肉体の自分」とはまったくちがう視点を持っています。

 

そのため「エネルギーの自分」「ハイヤーセルフ」は、「肉体の自分」とは異なる考えや望みを抱いています。

 

それに気づかないまま「肉体の自分」の望みばかりをどこまでも追求したところで、

「なぜか違和感がある」

「自分がほんとうに求めている幸せではないような気がする・・」

と、いまいちピンとこないのはよくあることです。

 

だからこそ、ハイヤーセルフとの対話を通じて

「自分が本当に求めていることは何か?」

「自分の深い本音とは何か?」

が、感じられたり

 

いまの自分の背中を押してもらえたり、

自分の新しい可能性に気づけたりする

ということが起こってくるのです。

 

ハイヤーセルフとの対話で得られるものの例

いまの自分の背中を押してもらえる

 

いまの自分を肯定できるようになる

 

小さく縮こまっていた自分がゆったりとほぐれていく

 

今後の指針を得られる

 

日常ではなかなか気づけない、自分の深い本音を知ることができる

 

自分のあたらしい一面を知ることができる

 

自分のあたらしい可能性に気づける

 

直感がはたらきやすくなる

 

気が晴れる、気分がすっきりする

 

深いリラックスや落ちつき、安心感を得られる

 

神秘的でふしぎな体験ができる

 

とにかく楽しい!

 

※じっさいの体験の内容や体感には個人差があります

 

再生回数第1位の誘導瞑想『ハイヤーセルフとの対話』

『誘導瞑想クラブ』で再生回数がダントツでナンバーワンの誘導瞑想が、『ハイヤーセルフとの対話』です。

どうぞお楽しみください♪