むかしの自分に教えたい潜在意識の基礎知識

「クリティカル・ファカルティ(判断の膜)」を通り抜けるポイント

こんにちは

『誘導瞑想クラブ』のゆきちゃんです。

 

わたしは誘導瞑想やアファメーションの動画を作って

YouTubeチャンネル『誘導瞑想クラブ』で公開しています。

 

わたしたちがふだん日常的に使っているのは

顕在(けんざい)意識です。

 

そして顕在意識と

潜在意識のあいだには

「クリティカル・ファカルティ」という

「膜(まく)」が存在しています。

 

※潜在意識と顕在意識のあいだにある

「膜」については

こちらの記事も参照してください

潜在意識の存在は空気の存在に似ているむかしのわたしは「目に見えないから」という理由で潜在意識の存在を信じていませんでした。 でも目に見えない空気の存在は信じていたのです。 なんで空気の存在は信じられるのに、潜在意識の存在は信じられないのでしょう? このちがいは一体なんでしょう?...

 

潜在意識にアクセスするには

この「膜」を

通り抜けていく必要があります。

 

この「膜」を通り抜けるには

どうすればいいかというと

心身ともに、深~く心地よ~くリラックス

するのがたいせつになってきます。

 

ところで、あなたは

「リラックスしましょう」

と言われて

すぐにリラックスできますか?

 

むかしのわたしは

「リラックス」ができませんでした。

 

本人的には

ばっちりリラックスしてるつもり

だったんですよ。

 

でも、今にして思えば

ガチガチの緊張感をともなう

ふしぜんなリラックスでした。

 

アタマだけでいっしょうけんめい

「リラックスしよう、リラックスしよう」

とがんばってるつもりで

でもぜんぜん気が抜けていませんでした。

 

今回は潜在意識につながる上でとても重要な

「リラックス」について

おはなしします。

 

クリティカル・ファカルティ(判断の膜)は、通り抜け放題

潜在意識と顕在意識のあいだには「膜」がある

意識には、おもに

「潜在意識」と「顕在意識(けんざいいしき)」があり

ふだんの日常では、わたしたちは

顕在意識をメインに使って生活しています。

 

・顕在意識・・・論理、知識、意志、判断、短期記憶、など

・潜在意識・・・感情、感覚、イマジネーション、長期記憶、など

 

潜在意識と顕在意識のあいだには

「クリティカル・ファカルティ(判断の膜)」

という「膜」があります。

 

わたしたちはふだん顕在意識を

メインに使っているため

潜在意識にアクセスしようと思ったら

この「膜」を通り抜ける必要があります。

 

 

通り抜け方を身につければ

この「膜」は行き来が自由です。

 

いつでも好きなときに

「膜」をホイホイ抜けて

潜在意識につながり放題です。

 

そして

「膜」を自由に行き来できるようになると

さらにうれしいことに

潜在意識から

ひらめきやメッセージが

届きやすくなります

 

潜在意識との仲が深まれば深まるほど

ものごとのタイミングがととのようになり

ラクでストレスフリーな生き方になっていく・・・

という

らくちん幸せスパイラルの無限ループ

突入です。

 

では「壁」を通り抜けるには

どうすればいいかといえば、

「深く心地よくリラックスする」

ことです。

 

むかしのわたしはリラックスがわかっていなかった

かりに、むかしのわたしが

 

「そうか

潜在意識につながるには

リラックスすればいいのか!」

 

と知って

リラックスをこころみたところで

潜在意識にはアクセスできないと思います。

 

なぜかというと

むかしのわたしは

「アタマ(顕在意識)だけで

リラックスしようとしていた」

からです。

 

むかしのわたしは

真のリラックスが

わかっていませんでした。

 

潜在意識につながるためのリラックスとは

「アタマの先からつま先まで

身もココロもリラ~ックス

ぜ~んぶ手放して

ただただ気持ちよくて

な~んにも考えてな~い」

みたいな状態です。

 

理性なんかどっかいっちゃって

見ようによっては

えらく無防備でアホ丸出し(?)な

状態です。

 

理性が手放せなかった、むかしのわたし

むかしのわたしは

いついかなるときも

理性を手放しませんでした。

 

というか、理性を手放すなんて

こわくてできませんでした。

 

理性は、もちろん

バリバリの「顕在意識」です。

 

むかしのわたしは、リラックスしていても

(正確には、したつもりになっているだけ)

つねに

 

「どんなにリラックスしたとて

わたしのぶざまで恥ずかしい姿を

外界にさらしてはならない

そんなことするくらいなら

舌をかんで腹を斬る」

 

ぐらいの覚悟(?)を持ってました。

 

本人はいたって大マジメでしたが

こんなこと考えてたら

リラックスがリラックスになってません。

 

いついかなるときも緊張感を保ち

自分(と他人)をこまかく見張りつづけて

神経が休まることのない生き方をしていたのが

むかしのわたしです。

 

なんでこんなことしてたのかといえば

幼少期の家庭環境の影響が大きいのですが

これについては

べつの機会にお話ししますね。

 

ヒプノセラピーでは「顕在意識をいったん休ませる」

顕在意識をいったん休ませる

さて、

「理性を手放すなんてとんでもない

ていうか、理性を手放すなんて

人としてどうなの

そんなの人間失格じゃ」

 

ぐらいの勢いで

理性を手放せなかったむかしのわたしでも

ヒプノセラピーを通じて

潜在意識にアクセスできるようになります。

 

いったいヒプセラピーで

何が行われたのかというと

 

「潜在意識にアクセスする前に

顕在意識をいったん休ませるという

手順を踏んだ

です。

 

ヒプノセラピーでは

セラピストが誘導文を読み上げます。

 

誘導文とはたとえば

 

「目を軽く閉じて

ゆったりリラックス・・・

 

呼吸をするたびに

全身がゆるんでいきます・・・

 

息を吸うたびに

体に新しいエネルギーが入ってきます・・・

 

そして吐く息とともに

あなたのなかの不要なエネルギーが

出ていきます・・・」

 

みたいな感じです。

 

この誘導文にしたがっていくと

顕在意識のはたらきが

一時休止する仕組みにできています

 

また、まっとうなセラピストであれば

初回のセッションで

潜在意識やヒプノセラピーとは

どういうものかをていねいに説明し

クライアントとの信頼関係を築きます。

 

適切な手順を踏んだヒプノセラピーのおかげで

理性がちがちのわたしでも

ぶじに潜在意識にアクセスできたのです。

 

潜在意識は多層構造

潜在意識には

浅い層から深い層までが

なんとな~くあるといわれてます。

 

きっちりかっちり

明確に線引きされてるわけではないですが

比較的浅めの層に存在しているのは

 

個人的無意識

個人的な人生プログラム

個人的な信念

メンタルブロック

インナーチャイルド

トラウマ

チャクラ

など

 

もうすこし深い層には

集合的無意識

家族

家系

過去世

地域

国家

など

 

さらに深い層には

ハイヤーセルフ

宇宙意識

ワンネス

など

が存在していると

いわれています。

 

はじめは、潜在意識の浅瀬につま先つけただけ

「わたしも、ヒプノセラピーで

潜在意識にアクセスできた」

とはいうものの

はじめのころのわたしは

すご~~~く浅いところにしか

アクセスできてませんでした。

 

めっちゃ浅瀬に

つま先をちょっぴりつけただけ

みたいな感じです。

 

理性もばっちり保ってたし。

 

というか、理性を

かたくなに手放さずに保っていたから

潜在意識の超浅瀬で

とどまっていたんですけどね・・・

 

ヒプノセラピーでは

「顕在意識のはたらきを一時休止する手順」

を踏みますが、とはいえ

顕在意識をどの程度休ませるか

クライアント本人の意志によります

 

むかしのわたしみたいに

「理性を飛ばすのは恥ずかしいからイヤ」

ってかたくなに思ってれば

顕在意識をちょっぴり休ませただけの状態で

潜在意識にアクセスすることになります。

 

そうすると潜在意識の浅瀬どまり

ということになります。

 

潜在意識に底はない

ところで、いまのわたしは

だれか他の方に誘導してもらう場合は

 

「よっしゃ

どこまでも深いところに潜っちゃる

深記録(しんきろく・・・)に挑戦じゃ!」

 

という精神で臨み

自分のあれこれを(一時的に)手放して

リラックスに集中できるようになりました。

 

そして誘導してもらっている最中は

理性がぶっとんでるため

ぐずぐず泣きまくり~の

ぐちゃぐちゃしゃべりまくり~で

自制がききません。

 

でも

信頼関係ができているセラピストさんなら

うまいこと誘導してくれるので

なんら問題ありません。

 

わたしはヒプノ体験中に

安心して泣けるようになるまで

時間かかりました。

 

「やっと(ヒプノ体験中に)

泣けるようになったね」

と、言われたときは

しみじみと感無量でしたよ。

 

潜在意識についてのまとめ

潜在意識についてのポイント

わたしたちは通常、顕在意識(けんざいいしき)をメインに使って生活している

・・・顕在意識/論理、知識、意志、判断、短期記憶、など

・・・潜在意識/感情、感覚、イマジネーション、長期記憶、など

 

顕在意識と潜在意識の間には「膜」(クリティカル・ファカルティ:判断の膜)があるが、通り抜け方を身につければ、この「膜」は行き来が自由

 

膜を自由に行き来できるようになると、ひらめきやメッセージが潜在意識から届きやすくなる

 

潜在意識との仲が深まるほど、ものごとのタイミングがととのうようになり、ラクでストレスフリーな生き方になっていく・・・という、らくちん幸せスパイラルの無限ループに突入する

 

アタマだけでリラックスを考えて、アタマだけでリラックスしようとしても、潜在意識には入れない

 

潜在意識につながるためのリラックスとは

「アタマの先からつま先まで全身、身もココロもリラ~ックス、ぜ~んぶ手放して、ただただ気持ちよくて、な~んにも考えてな~い」

という状態

『誘導瞑想クラブ』のおすすめ動画

おすすめ誘導瞑想

前世を体験する誘導瞑想

 

おすすめアファメーション

自分を許す・自分と仲直りする・自分をあたたかく受け容れる