今世の体験記

「じつは2年以上前に会社をやめていた」ことを母に伝えてみた

こんにちは

『誘導瞑想クラブ』のゆきちゃんです。

 

わたしは誘導瞑想やアファメーションの動画を作って

YouTubeチャンネル『誘導瞑想クラブ』で公開しています。

 

わたしは2018年10月に

当時勤めていた会社をやめましたが

そのことを、離れて暮らす母に

ずっと黙っていました。

 

言ったところで

「あんた、これからどーするの???」

と、うるさく言われるのが

目に見えており

めんどくさかったからです。

 

おかげさまで、さいきん

YouTubeのチャンネルが

すこしずつ軌道に乗ってきたこともあり

「じつは会社をやめていた」ことを

ようやく母に伝えました。

 

今回は、母との会話の中で

わたしが気づいたことをおはなしします。

 

「枠」の外に出たかった

当然ですが、母に

「なんで前の会社をやめたの?」

と聞かれました。

 

わたしの答えは

・「枠」の外に出たかったから

・自分の才覚で活動したかったから

です。

 

会社で働くというのは

会社が決めた「枠」の中に入って働く

ということなんですよね。

 

「枠」をはみ出る行為は

「ミス」とみなされて

 

「なんでそんなことをしたんだ。

今後、そのようなことがないように

【反省】しろ」

 

と厳しくとがめられます。

 

わたしは前の会社で

「枠」からはみ出ないように

十年以上いっしょうけんめい

がんばりました。

 

でも、透視リーディングという

「肉眼に制限されない、ものの見方」が

できるようになったことで

「「枠」から出ないようにがんばる」ことが

どんどん苦しくなっていきました。

 

「枠」の外には

無限の時空があるというのに

なんで狭い狭い「枠」の中で

息をひそめて

小さくなってなきゃいけないんだ?

と思うようになっていったのです。

 

最後のほうは

「「枠」の中でがまんするのは

もうムリー!

限界でーす!!」

という思いで

会社を飛び出しました。

 

母には

「「枠」のないところで

自分の才覚をたよりに

どこまでできるか

思いきりやってみたかった」

と伝えました。

 

いちおう納得は

してくれたようです。

 

心配も不安も、ない

わたしと話している最中

母がやたらとわたしを

心配してくるので

 

「あなたが

なんでそんなに心配するのか

わけわかんないんだけど」

 

と、思わず言ってしまいました。

 

「わたしは今

心配なことも不安なことも

なにもないよ。

 

あなた(母)のことも

べつに心配してないよ」

 

と伝えたのですが、あとで

 

「そういえば、昔のわたしは

心配と不安のかたまりだったなー」

 

と思いだしました。

 

昔のわたしは

いろんなことがこわくてこわくて

四六時中ガチガチに

かたまっていました。

 

でも、もしかしたら

昔のわたしの「心配と不安」は

母の「心配と不安」のエネルギーの

影響だったのかもしれません。

 

母が全身から発する

「心配と不安」のエネルギーを

小さいころに浴びすぎて

 

そのことに気づかないまま

わたしはずっと「心配と不安」に

振り回されていたのかもしれません。

 

今のわたしは

「心配なことも不安なことも、なにもない」

と、どうどうと

宣言できるようになったので

ほんとうによかったです。

 

自分自身と深くつながっていれば

自分を深く信じることができます。

 

自分を深く信じることができれば

心配も不安も気にならなくなるんですよね。

 

では、自分自身と深くつながるために

どうすればよいかといえば

 

・グラウンディング

・深呼吸

・自分の内なる声に耳をすます

 

などをこころがけるといいですね。

 

何はともあれ、これで

母への隠しごとがなくなりました。

 

母にすべてをオープンにしたおかげで

わたしのエネルギーの流れが

いちだんとクリアになったことを

実感しています。

『誘導瞑想クラブ』のおすすめ動画

おすすめ誘導瞑想

前世を体験する誘導瞑想

 

おすすめアファメーション

自分を許す・自分と仲直りする・自分をあたたかく受け容れる/自己肯定感を高める究極アファメーション

 

おすすめタロット・オラクルカードリーディング

2021年あなたに訪れる最高の奇跡