エネルギー

あまりにもタイミングがよすぎることを目の前にすると、びびってしまって、とっさに反応できない

先日、手相教室の修了試験がありました。

試験当日の朝、わたしはばたばたしていて、ふだんウチを出る時間にウチを出ることができませんでした。

「ひゃー、1本遅い地下鉄に乗ることになっちゃうー、時間にまにあうかなー、遅刻したくないよ~~~」

と思いながら走り回って支度をしていました。

 

そして

「タクシーで行こうかなー、でも、ここらへんの道は空車のタクシーが走っているような道じゃないからなー

わざわざタクシーを呼ぶよりも、駅に向かうほうが早いだろうし・・・」

などど思っていました。

 

ばたばたしながらウチを出たら、目の前の道路を「空車」表示のタクシーが走ってきました。

 

わたしはぎょっとして、そのタクシーを見送りました。

 

あまりにもタイミングがよすぎることを目の前にすると、びびってしまって、わたしはとっさに反応できないのです・・・

 

一瞬見送ったものの、追いかければ運転手さんに気づいてもらえて、乗れなくもなさそうでした。

 

「お金がもったいない・・・」

「地下鉄でも、ギリ、まにあいそう・・・」

と、一瞬のあいだにいろいろ考えてしまい、結局タクシーは見送って終わりました。

 

結果的に、地下鉄で行っても試験にはまにあいました。

ほんとーにぎりぎりで、教室に入ったのはもちろんわたしがいちばん最後でしたが・・・

 

試験にはまにあったものの、今思えば、タクシーに乗っておけばよかったなー

せっかくのわたしの能力が発揮された機会だったのだから、びびらずに乗っておけばよかったー

 

つぎはびびりながらも、ちゃんととっさに反応する!

瞬発力!