エネルギー的エピソード

モノとコミュニケーションをとる話・4編

「持ち物」は、持ち主がだいすきです。

 

スマホとか家の鍵とか、あなたがふだん使っている「物」たちは、あなたのことがほんとうにだいすきです。

いつも、なんとしてでも「あなたのお役にたとう!」という意識でいてくれています。

すごくすごく、けなげです。

 

今回は、わたしがモノとコミュニケーションをとった話・4編をご紹介します。

日傘に抗議された話

捨てようとした日傘に抗議される

わたしが2年ほど使った白っぽい日傘があったのですが、全体的に黒ずんで古ぼけた感じになったので、このたび新しい日傘を購入しました。

 

で、古い日傘をゴミ袋へ入れようとしたら

「なんで捨てるのー、わたしまだまだ活躍できるよー」

と、日傘に抗議されて、びっくりしました。

 

「わー、そうか、そうか」

と言いながら、日傘を開いてみましたが、やっぱり黒くすすけて古ぼけた感じで、

「うーん、これを持ちあるくのはテンション下がるわ・・・」

という感は否めません。

日傘をなだめるのに一苦労

「今までほんとうにどうもありがとう、もうじゅうぶん役に立ってくれたよ」

と、日傘に何度もお礼を言いましたが

「まだ活躍できる、まだ役に立てる」

と、一向に聞く耳を持ってくれません。

 

しかたがないので、日傘をさしながら部屋の中を歩きまわったり、心をこめてていねいに日傘を折りたたんで胸に抱きしめたり、と、日傘をなだめるのになかなか一苦労でした。

 

ゴミに出す日までにまだ数日あったので、時間をかけて根気強く

「あなたはじゅうぶん役に立ってくれたよ、ほんとうにありがとう」

と言い聞かせたら、日傘からじょじょに「意識」が抜けて、さいごはしずかにゴミに出せました。

「役目が終わった」モノは、そのつど手放す

ところで、「役目が終わった」モノは、そのつど手放すのがおすすめです。

今回みたいに、抵抗する日傘がかわいそうだからといって、日傘を「使わないまま」取っておくと、日傘はいつしか持ち主に「執着」するようになります。

 

ちゃんと現役で使ってあげるなら、もちろん取っておいていいです。

でも「使わない」のに取っておくと、日傘の「持ち主の役に立ちたい」という思いが、いつしか「持ち主への執着」に変わります。

 

執着のエネルギーは、持ち主のエネルギーを重たくしますし、濁らせます。

なので役目が終わったモノたちは、「ありがとう」と感謝しながら手放すのがおすすめです。

服のエネルギーが生まれ変わった話

古着屋さんでぐったりしてたシャツ

以前、知り合いの方がやっている古着屋さんへ遊びに行きました。

まもなくお店を閉めてしまわれるとのことで、店内の商品どれでも3点で500円という、常軌を逸した価格設定です。

 

そんななか、わたしは1枚のノースリーブのシャツを手に取りました。

素材は麻100%で、色は紫ですが、光の当たり方によって紫の色味が変わって、かわいいです。

 

デザインも色も素材も好みなのですが、いかんせん、服全体のエネルギーがぐったりしています。

「まあ、古着だし、しょうがないか、いちどおウチに連れて帰ってみよう」

と思い、このコを連れて帰ってきました。

 

ウチに帰ってきて、シャツをしみじみと見つめながら

「うーん、閉店セールということもあり、たくさんの人に無遠慮にベタベタ触られたエネルギーがべっとり張り付いているなー

このコをこのままウチの洗濯機に入れるのには、ちと抵抗がある・・・」

と思い、洗濯機に入れる前にまずは手洗いすることにしました。

 

いっしょにお風呂に連れて入り、ボディソープをたっぷりつけて、たっぷりのもこもこの泡で念入りに洗ってから、洗濯機で洗いました。

生まれ変わったシャツ

そして朝、シャツを見たら、強力なエネルギーではちきれんばかりで、めっちゃ元気いっぱいになっていました。

昨日のくたびれた姿とはまるきり別人で、まるで新品のような元気っぷりです。

 

「ひゃー、すごい元気だ、いったいどうしたのー」

と思いながら、シャツを触りまくっていたら、シャツに

「昨日、お風呂で洗ってくれたからだよー」

と、言われました。

 

わたしは両手でいっしょうけんめいシャツを洗ったのですが、そのときに、わたしの両手からシャツにエネルギーが伝わったそうです。

そのおかげでシャツのふるぼけたエネルギーが一新され、まるで新品のように元気いっぱいになったそうです。

なんか、すごい。

洋服のキラキラエネルギーの話

洗濯物をたたむのはコミュニケーション

わたしは洗濯物をたたむのが大好きです。

 

洗濯物を1枚1枚広げて、両手のひらでていねいにていねいにまるでアイロンをかけるようにしわをのばして、きちんきちんとたたんでいきます。

濃い紫色や紺色や黒の衣類はホコリが目立つため、コロコロを使ってたんねんにホコリをとってからたたみます。

 

洗濯物をていねいにたたむことで、わたしは衣類とコミュニケーションをとっています。

わたしの衣装ケースには、きれいにたたまれた衣類がお行儀よく整列していて、とてもかわいらしいです。

洋服のキラキラエネルギー

先日、外出する際に時間がなくて、わたしはめちゃめちゃ急いでいました。

あわててシャワーを浴びた後に、着る服をあわててバッと広げました。

 

そしたら広げた洋服からキラキラするエネルギーがあたり一面にわーっと広がって、一瞬ハッとしました。

 

わたしがすごいザツに洋服を取り扱ったものだから、よけいにキラキラのエネルギーがきわだちました。

毎回ていねいに洋服をたたむことで、洋服にキラキラのエネルギーが込められていたんだなー、と実感しました。

 

キラキラエネルギーの洋服を身につけることで、わたし自身のエネルギーもよい影響を受けます。

気分よく、元気になります。

靴が喜んでいる話

運動靴をぞうきんで拭くと大喜び

衣類だけではなく、靴をもまた、わたしは愛でています。

 

わたしがふだんはいているのは運動靴ですが、数年前まではわたしは休日になると、かたくしぼった白ぞうきんで靴をたんねんに拭いていました。

ぞうきんを何度もゆすぎながら、靴底から靴中まできれいに拭いてあげると、靴はくすぐったそうにしながら

「きゃははははは」

と笑って、キラキラのエネルギーをふりまきながら喜んでくれたものです。

さいきんはウェットティッシュ

さいきんはぞうきんをいちいちゆすぐのがめんどくさくなり、ウェットティッシュを使って拭いています。

でも、ぞうきんで拭いていたときのようが笑顔が感じられないので

「やっぱウェットティッシュじゃ嬉しくないかー、でもぞうきんめんどうなんだよなー」

などと思っていました。

 

ところが最近、外出したときに、なにかの拍子でふと靴を見たら

「こまめに拭いてもらっているから、ボク/わたし、とってもきれいでしょ」

と、誇らしげな様子で外出を楽しんでいたので

「あ、よかったー」

とほっとしました。

 

ウェットティッシュで拭いても靴は喜んでくれることがわかったので、これからは心置きなく拭くことにします。

運動靴を水洗い

さて、今回は靴をはじめて水洗いすることにしました。

風呂場に靴2足とバケツを持ち込んで洗いはじめたところ、まるで愛犬を洗っているかのような楽しさといとしさがありました。

しかも、靴はおとなしくしてくれてるから、愛犬よりもはるかに洗いやすい・・・!

 

むかし実家にいたビーグル犬のしんちゃんは、シャンプーのときはとてもいたたまれない表情をしていました。

 

 

 

 

 

シャンプーを露骨にいやがるわけではなく、いちおうおとなしくはしてくれてましたが

「いちおうおとなしくはするけど、できるだけ早く終わらせてくれ」

というのを全身でアピールしてたので、こちらのこころゆくまで洗う、というわけにもいきませんでした。

 

でも靴は、こちらの気が済むまで洗い放題なので嬉しいです。

ハイヤーセルフとの対話を体験できます

わたしは誘導瞑想が大好きで、自分で誘導瞑想を作り、YouTubeチャンネル『誘導瞑想クラブ』に公開しています。

 

このたび、『誘導瞑想クラブ』で再生回数1位の誘導瞑想『ハイヤーセルフとの対話』を、大幅リニューアルしました!

その名も『ハイヤーセルフとの対話~アップグレード版~』です。

 

ただいま、この誘導瞑想の音声を無料プレゼント中です!

(WEB上で音声を聴くこともできるし、音声ファイル(MP3)のダウンロードもできます)

 

ご自分の内なる神殿を訪れて、ハイヤーセルフとの対話をおたのしみくださいね。

『ハイヤーセルフとの対話~アップグレード版~』を体験する